温泉について

温泉とは、ありていに言いますと、自然に湧き出たお湯のお風呂のことです。
温泉法では、泉源における水温が25度以上で、溶存物質や遊離炭酸、リチウムイオンなどの各種成分が一定以上含まれているものを言います。ちなみに25度以下のものは冷泉と呼ぶこともあります。

温泉の何がそんなに良いのかと言いますと、前述した通り、温泉にはさまざまな天然由来の成分が含まれており、普通のお風呂に比べて遙かに高い健康効果や医療効果があります。

百聞は一見にしかずとも言います。実際に、温泉に入ってみればわかると思いますが、何より温泉は気持ちいいです。普通のお風呂でも相当気持ちいいですが、温泉はそれに輪を掛けて気持ちいいです。

温泉の湯船は、普通の家庭の湯船に比べて圧倒的な広さと開放感があります。特に、風景の見渡せる露天風呂なんかは最高ですよね。お酒なんか浮かべて呑むとたまりません。

温泉に行く日というのは、だいたいが休日だと思いますので、そういう面での心の開放感もあるのかも知れません。

そして、温泉地につきものなのが美味しい食べ物です。温泉地によって名産は違いますが、山の幸、海の幸、何処の温泉地でも絶品の料理を堪能できると思います。

温泉に浸かって、美味しいものを食べて、夜は愛しい人と一緒に過ごす…。これ以上の贅沢はこの世にないと思います。

温泉なんてただお風呂に入るだけじゃん、なんて思っているあなた、それは大きな間違いですので、是非一度、温泉旅行を試してみてください。

そうそう、冬場に向けて温泉旅行へ行く方も少なくないと思いますが、それに備えて秋の季節から脱毛開始するのもおすすめですね。

夏になってから全身脱毛をしたいと考える方もいるのですが、ムダ毛処理には時間もかかるし、脱毛サロンに通うのであれば何回も通わないといけませんしね。

別府温泉

日本三大温泉の一つに数えられているのが、大分県別府市の別府温泉です。別府八湯とも呼ばれます。
大分の鶴見岳と伽藍岳という二つの火山の東にたくさんの温泉が湧き出しており、別府温泉は、源泉数や湧出量が日本一の温泉でもあります。

純粋に温泉に入るだけではなく、その特徴的な自然景色「地獄めぐり」を観光して楽しむのもいいですね。
「地獄」の名に恥じない、ちょっと、日常では見られないような絶景が見所です。煮えたぎる赤く染まった「血の池地獄」や、噴気の激しい「かまど地獄」、熱泥がそこかしこで吹き上げている「鬼坊主地獄」、コバルトブルーが美しい「海地獄」など、さまざまな地獄スポットが用意されています。

別府温泉には、前述したような「血の池地獄」や「海地獄」のように、温泉の含有物によってさまざまな色合いの美しい温泉がいっぱいあります。温泉といえば「癒し系」ですが、別府温泉は「楽しさ」に関しても優れた温泉なのです。

別府温泉の欠点を一つだけあげるなら、地理的に遠いことでしょうか。
九州にお住まいの方ならいいですが、本州から行こうと思うと、飛行機に乗らないと難しいですよね。残念ながら新幹線は通っていませんので、電車で行くのは骨が折れると思います。大阪・神戸からは長距離のフェリーも出ていますが、東京からだと飛行機に乗るしかないでしょう。

しかし、都心から離れているからこその雄大な自然の景色も楽しめますので、行って損はないと思いますよ。

由布院温泉

日本三大温泉の一つに数えられているのが、大分県由布市湯布院町の由布院温泉です。
由布岳という火山から湧き出る温泉が水源となっています。温泉湧出量は全国3位、源泉の数は全国で2位となっています。ちなみに、温泉湧出量、源泉数ともに1位は同じく大分の別府温泉です。

湯布院温泉は、別府温泉に比べますと、だいぶ落ち着いた雰囲気の温泉街です。全国でも2位、3位の温泉地ですが、すぐ近くに別府温泉があるため、大規模な歓楽街やホテルなどは別府の方に作られました。そのため、湯布院温泉は非常に優れた温泉地であるにもかかわらず、過剰な観光開発をされることなく現在に至っています。

現在の由布院温泉は、特に女性観光客へのサービスに力を入れています。昔は男社会でしたので、どうしても男性向けの娯楽施設などが多かったのですが、そちらは別府の方に集中していますので、由布院では女性向けの娯楽にスポットを当てています。

別府温泉の「地獄めぐり」などに比べて地味な印象がありますが、その分、落ち着いて温泉を楽しむことが出来る究極の癒しスポットと言えるでしょう。

あまり派手な施設がなく、湯量がたいへん豊富なので、入浴料も非常にリーズナブルです。遠方からの観光客だけではなく、土日は付近の住民たちも多く利用しています。

由布院温泉の欠点をあげますと、別府温泉と同様ですが、大分県にありますので、東京からだと交通の便が非常に悪いことがあげられます。九州在住の方でないと、あまり気軽に行ける距離ではありません。

伊東温泉

日本三大温泉の一つに数えられているのが、静岡県伊東市にある伊東温泉です。関東随一の湧出量を誇る温泉地で、なんと毎分32000リットルのお湯が湧き出ています。

伊東温泉は都心から比較的に近い温泉地ということもあり、非常に観光客が多く、そのため観光施設やリゾート、サービスなどに優れています。大規模なリゾートホテルや高級旅館、情緒ある民宿やペンションなど、単身旅行から家族、グループ、団体客まで幅広い観光ニーズに対応しています。
日帰り入浴サービスもありますので、近場の方は旅館やホテルに泊まらなくても日帰りで温泉を楽しむことも出来ますね。

伊東温泉の泉質は単純泉、弱食塩泉が主流です。刺激の低い温泉で、さらりとしたさわやかなお湯を楽しむことが出来ます。乳幼児や高齢者の方にも適した温泉と言えますね。
刺激は低いですが、効能は高く、リュウマチや骨折、ケガなどの回復効果があります。さらに、高い保温効果・血行促進効果もあり、入浴後も身体がぽかぽかとしています。無色無臭低刺激で、とっても入りやすい温泉です。

伊東温泉は、ゴルフ場が多い温泉地でもあります。車で30分以内の距離に10ヶ所ほどのゴルフ場があります。他にもスポーツセンターやダイビング、釣り、テニス、みかん狩りなども楽しむことが出来ます。
毎年3月には、一面ススキに覆われた大室山に火を放って山ごと焼き尽くす「大室山山焼き」も行われます。先着70名まで、一人500円でこの点火に参加することができ、点火できなくても、圧倒的な光景が楽しめますので、3月は特に伊東温泉がオススメです。

有馬温泉

日本三名泉の一つが有馬温泉です。日本三名泉には、林羅山の三名泉と枕草子の三名泉があるのですが、有馬温泉はその両方で選ばれています。また、日本三大古泉や日本三大薬泉の一つにも数えられています。江戸時代の温泉番付では、最高位である西大関に格付けもされた、日本随一の温泉地なのです。

有馬温泉は、兵庫県神戸市北区にあります。東京からだと若干遠いのが難点でしょうか。六甲山の北側に位置し、この六甲山を山越えするか、迂回するか、トンネルを利用することになるでしょう。
純粋に温泉に入りたいだけであれば、自動車で行った方が早いですが、山越えルートを登山していくのも一興です。それほど険しい山道ではありませんので、子供連れや高齢者でも山越えは可能です。やはり、山越えのあとの温泉というのは、普通に入るよりも格別でしょうね。

有馬温泉の泉質は、含鉄強食塩泉、ラジウム泉、炭酸泉が主となっています。
含鉄強食塩泉は、空気に触れると黄色っぽく色が付き「金泉」と呼ばれています。それ以外の透明な湯は「銀泉」と呼ばれており、有馬温泉の名物となっています。
観光開発がされており、温泉街などは大きく賑わっていますが、有馬三山などの景観も素晴らしく、自然にも恵まれた温泉地です。

前述した通り、有馬温泉は日本三大古泉の一つにも数えられており、飛鳥時代以前より温泉地として全国に名を馳せていました。時の舒明天皇がこの有馬温泉に3ヶ月ほど滞在したことが日本書紀にも記されています。もちろん、その後も各時代の偉人たちが多く訪れ、利用しています。

草津温泉

日本三名泉の一つが草津温泉です。群馬県吾妻郡草津町にある温泉地で、林羅山の日本三名泉の一つに数えられています。

江戸時代の温泉番付では、当時の最高位である東大関に格付けされていました(同等位の西大関は、同じ日本三名泉の一つ、兵庫の有馬温泉です)。

泉質は、酸性泉が多く、硫黄泉もあります。数多の温泉のなかでも、特に刺激の強い方の温泉です。薬湯効果にも優れており、皮膚病、神経痛、糖尿病などに高い効果を持っています。
自然湧出量は毎分32300リットル以上で、日本一の湧出量を誇ります(ただし、草津温泉は比較的新しい地下水が源泉となっており、降水量などで変動するのでかならずしも一定ではありません)。この豊富な湧出量を使って「源泉かけ流し」などを楽しむことが出来るのも草津温泉の魅力の一つでしょう。
また、見所の一つが「湯畑」です。湯畑は温泉街の中心に位置しており、毎分4000リットルのお湯がこの湯畑から常に湧き出て、白い煙をあげています。何処か幻想的と言いますか、非現実的で壮観な光景です。

草津温泉には、この「湯畑」以外にも、合わせて6つの大きな源泉があります。草津一の湯量を誇るのが「万代」という源泉です。温泉街からちょっと離れたところにあるのですが、湯は各温泉施設などに引かれて利用されています。
他には、公園として整備されている「西の河原」、にごりのない透明な「煮川」、源頼朝が発見して入浴したという言い伝えのある「白旗」、地蔵堂の脇から涌き出ている「地蔵」という源泉もぜひ訪れてみてくださいね。